OPEN LAB.

私たちトキ・コーポレーションの日々の取り組みをもっと皆様にご覧いただくための活動 それがOPEN LAB.(オープンラボ)です。

『イグゼビタVI』──次代に承継する灯り

今の時代にこそできる照明

白熱ランプには、不思議な魅力があります。フィラメントが映し出す灯りは、シーンによって魅せ方を変え、その空間を彩る“なくてはならない存在”になる──。19世紀に誕生し、200年以上が経った今も、人の心に残る灯りです。

トキスターは、白熱ランプの灯りが持つ魅力を大切に、様々な製品・サービスを開発してきました。

f:id:toki-openlab:20220113112532j:plain

一方で、現代の照明はLEDが主流となっています。寿命、消費電力、効率、耐衝撃性といった数多くのメリット。地球温暖化防止、脱炭素社会に向けた省エネの潮流。LEDが求められるのは、必然的な時代の流れと言えるでしょう。

私たちも、業界内でいち早くLED照明器具の販売に着手しました。白熱ランプの取扱いも続けていますが、その理由はモノ自体を残すためではありません。いつの時代もただ純粋に、心に残る灯りを追い求めているからです。

目指しているのは、“承継”。

白熱ランプもLEDもあくまで手段にすぎません。たとえば、白熱ランプのような魅力を持ったLED照明も開発しています。白熱ランプの灯りをただ再現するのではなく、照明のプロとして私たちが今の時代に提示したい照明を創るためです。

人々の心を動かす灯りを追及し続ける。照明メーカーとしての使命感とプライドが、私たちの商品開発の原動力となっています。

 

追及の先に行き着いた「VIランプ」

私たちが形にした“承継”の一つが、ボール型装飾照明「イグゼビタ」です。かつては白熱ランプだけを使用していましたが、2008年にLEDタイプの「イグゼビタLED」の販売を開始しました。

f:id:toki-openlab:20220113112442j:plain


光源の主役がLEDに移り変わりつつあった当時、「イグゼビタ」の承継を目指して生まれたのが「イグゼビタLED」でした。

製品として世に出てからも技術者は歩みを止めません。

もっと白熱ランプに近づけたい。強い思いが技術者を動かし続けます。

白熱ランプの光源であるフィラメントに近づけるうえで鍵を握るのは、まっすぐなLEDの光をどう操るか。

数々の試作を経て、技術者がたどり着いたのは、レンズを「涙滴型」にして光をコントロールする方法です。

f:id:toki-openlab:20220113112706j:plain

発光部を原点とした涙のしずくのような形にすることで、LED光源から放たれた光はレンズの中で反射しながら、漏れることなく頂点に集まります。

頂点に達した光は解き放たれ、目に見える形となって現れます。その灯りは、眩しすぎることもない、白熱ランプのフィラメントのような心地良い灯りです。

f:id:toki-openlab:20220113112741j:plain


これが、独自の「バーチャルフィラメント技術」によって、仮想的に(Virtual)白熱ランプ(Incandescent lump)のような光源を作り出す「VIランプ」です。

業界初の技術を搭載した「イグゼビタVI」が誕生しました。

 

承継から生まれる新たな光

私たちの追求に終わりはありません。

f:id:toki-openlab:20220113112820j:plain

太古の時代、人は照明の役割を「火」に求めました。自然に揺らぎ、瞬間ごとに形を変える様に、人は明るさと温もりを得るだけでなく、心をも動かされました。火に代わって登場した「白熱ランプ」の灯りにも人は同じような感覚を覚えました。明るく照らすだけでなく、心を動かすのも照明が担う役割なのです。

LEDが主流の今この時代にこそできる照明がある、と私たちは信じています。「イグゼビタVI」は一つの答えです。時には白熱ランプのような良さを持ったLED照明を、時にはLEDでこそできる照明を。

大切にしたいのは、人々の心を動かす灯りを承継していくことです。

承継には進化も伴います。「イグゼビタVI」で拓けた新たな可能性から、私たちはすでに先を見据えています。


次の灯りが生まれる日も、そう遠くはありません。

f:id:toki-openlab:20220113121758j:plain

イグゼビタ | トキ・コーポレーション

他と違う存在でありたい  〜キネティック・トキレッズストーリー〜

オリンピックの開会式で輝きを放ったキネティック・トキレッズ。
"他とは違う存在
でありたい"というコンセプトは、トキスター自身とも言えます。

数億人が目撃した光

2010年に開催されたバンクーバー冬季オリンピック。
その開会式に登場した大きな白い熊、その熊から放たれる無数の白と青の光。それこそがキネティック・トキレッズ(以下キネティック)です

www.youtube.com

”楽しい”は迷わずやる

トキスターには以前、グループ単位で点滅するイルミネーション器具がありました。ただ、ある技術者は常々考えていました。

グループ単位ではなく、個々のランプが独立してランダムで点滅した方が面白いな。
そうだ、ランプごとに、あえて点滅スピードに微妙に個体差を持たせたらどうだろう。
そうすれば、時間経過と共に不規則な演出になって楽しそうだ。
1灯1灯それぞれがまるで生きている様に見えるはずだ。
ランプの中に点滅システムを組み込めないかな?
それができれば、色んな器具にも使えるし、コントローラも不要になる。
そして何より他にはないワクワクする楽しい演出空間ができそうだ。

楽しそうな事は迷わずやってみる。
想像したランプを実際につくってみる事にしました。f:id:toki-openlab:20211111091155j:plain

小さなランプに想像を詰め込む

ランプは赤ちゃんの指先ほどの大きさ。
そこに全てを組み込む設計が大変でした。なにしろコントローラも不要にしようとしています。コントローラの要素も個々のランプに組み込むイメージです。
更にデジタルの制御部品(マイコン)を使わず、アナログ回路を使って自然な点滅になるように設計。
最終的には、部品の多層化を行い高密度にすることで、全ての部品をなんとかランプに組み込むことができました。
技術者が想像していたキネティックランプが完成しました。f:id:toki-openlab:20211111091053j:plain

オリジナルの宇宙

キネティックを多くの方に楽しんいただいた現場の一つが、2017年のライティングフェアです。

私たちはブースに宇宙をつくりました。

それは星のない宇宙を模した大きな壁です。来場者の皆さんに「ランプを一灯ずつ挿して点灯」していただき、宇宙に星を取り戻すという体験型の企画。

完成した姿は私たちにも分かりません。

時間の経過と共に、人がどんどん集まり、ランプを挿していきます。キネティックが増えれば増えるほど、技術者の直感通り空間にワクワクが生まれたのです。
最終日の終了30分前、キネティックランプの星が散りばめられた”オリジナルの宇宙”が完成しました。f:id:toki-openlab:20210908115655j:plain

キネティック=オリジナル=トキスター

いかにオリジナルか。

私たちはそれを大切に考えています。
キネティックは点滅スピードにあえて個体差を持たせています。他と同じ演出になることがない、つまりキネティックがある空間は”世界でただ一つの空間”です。

私たちは”他とは違う”を大切に考えている方のお役にたちたいと思っています。
ただ、それ以上に私たち自身が”他とは違う”存在でありたいと強く思っています。

そしてオリジナルだからこそ”皆様の記憶に残る”をつくることができる。そう考えています。
f:id:toki-openlab:20210908115341j:plain



 

f:id:toki-openlab:20210915154754j:plain
キネティック・トキレッズ | トキ・コーポレーション

 

 

 

 

照明をつくらない 〜クロマスタストーリー〜

なぜ今カラーライティングなのか?「日常」と「非日常」の掛け算。それこそが強い感情を生むと考えました。

これからの豊かさとは?

近年、豊かさの概念がモノからコト(体験)へ変化してきていると言われています。
コト(体験)を通じて、人に感情が生まれ、それが心の豊かさにつながる。

果たして、それが私たちにできているのか? 
豊かさを提供できているのか?

今よりもっと感情を通して豊かさを提供していきたい。
光と感情とのつながりを意識した時に、私たちが着目したのは、カラーライティングでした。f:id:toki-openlab:20210914000056j:plain

光のカレンダー

なぜカラーライティングだったのか?

例えば、一部のランドマークの建物では、季節に合わせたカラーライトアップがされています。
多くの人はそれを見て「春が待ち遠しくて心が弾む」、「ハロウィンが近づきワクワクする」といった感情を無意識に持つと思います。
そのカラーが、連鎖してもっともっと各地につながれば、、 光のカレンダーとして、今以上に人の感情に影響すると思うのです。f:id:toki-openlab:20210914000123j:plain

光のメッセージ

例えば、オーナーの想いを光のメッセージとして届けてはいかがでしょう。
医療従事者への感謝の気持ちを、青色の光にのせる、、
ピンクリボン運動の啓蒙への想いを、ピンク色の光にのせる、、

光を通じて、自分自身の気持ちをメッセージとして表現できます。

これらはあくまで例ですが、こうした感情へのアプローチの積み重ねが、豊かさへとつながると考えました。 

「人と人とをつなげる光、人と社会をつなげる光」。それを実現できるのが、カラーライティングのクロマスタシリーズです。f:id:toki-openlab:20210914000145j:plain

ギャップをつくる

東京タワーは、普段は電球色や白色のライトアップですが、特別な時には、特別なカラーライトアップをします。
その日常と非日常のギャップが、人の感情をより揺さぶります。

クロマスタのウォッシュタイプにはR(赤)G(緑)B(青)に加えて、W(白)のLEDを標準搭載しました。

RGB(非日常) × W(日常) 

つまりはクロマスタウォッシュも、東京タワーのライトアップのように大きなギャップをつくり、強く感情を揺さぶる事ができるのです。f:id:toki-openlab:20210914000213j:plain

照明をつくらない

新型コロナウィルスによって世界は一変し、ますます人は閉塞感につつまれ、心の空洞が広がってしまいました。私たちは感情でその空洞を埋めたいと思っています。

私たちが”つくりたい”と思っているのは照明器具ではありません。
クロマスタでの体験を通じて、様々な感情をつくりたいと思っています。

感情を通じて、皆様に豊かさを提供すること。
これがトキスターの存在意義の一つだと考えています。f:id:toki-openlab:20210914000236j:plain





f:id:toki-openlab:20210908143036j:plain
クロマスタ ウォッシュ | トキ・コーポレーション

f:id:toki-openlab:20210908143054j:plain
クロマスタ グローブ | トキ・コーポレーション

f:id:toki-openlab:20210908143115j:plain
クロマスタ フラット | トキ・コーポレーション

 

オモチャから生まれた間接照明 ~トキラックスEVOストーリー~

既存の枠にとらわれない発想から生まれたトキラックスEVO。私たちは照明以外をよく見ることで、照明の問題に挑戦しています。

多すぎる間接照明

あるお客様に言われました。

「今は間接照明の種類が多くて、どれを選べば良いか迷うんです」

確かに世の中には、LED間接照明が溢れていて比較するのも大変です。言われてみれば、白熱灯時代は種類が少なくて迷わなかった。それならば良いところ取りした間接照明の究極モデルをつくろう。

それがあればお客様が迷わないし、私たち自身も迷いません。そんな想いのもとプロジェクトがスタートしました。f:id:toki-openlab:20210903113158j:plain

着想得る

新製品開発には市場調査が必要です。
まずは市場の間接照明をたくさん集めて、分解して見てみる。そして、そこからヒントを得たものを組み合わせて新製品に活かします。

でも、私たちはそれをしていません。
今回もこれまでの間接照明にはなかった着眼点を探すため、自由に考えてみました。
オモチャ好きの技術者が着目したのは、プラレールでした。f:id:toki-openlab:20210901142455j:plain

あだ名はトビー

プラレールは車両同士がつながって出来ているから、真っ直ぐのレールも走れるし、曲がる。間接照明でもそれができないか?

平たい電線をレールに見立てて、連結できるLED車両の下に敷いてつなげて、曲げて、切って…

色々できそうなイメージが膨らんできました。
仮のあだ名は「トビー」。プラレールという事で某機関車から取りました。f:id:toki-openlab:20210903113217j:plain

作ったら遊ぶ

想像を形にしてみたら、あらゆるシチュエーションを想定し遊んでみます。 

灯具を曲げても光が傾くのはダメだ
曲がっても傾かないようにしなくちゃ
直線部分曲げる部分は同じ高さにしないと光が凸凹するぞ
接点端子は、パンタグラフみたいにして
曲がったり凸凹しても安全運行
そうそう、縦に取り付けられることもある
簡単に取り付けて、でも、簡単には落ちないようにしよう

遊びを通じて、照明器具として設計を洗練していきました。f:id:toki-openlab:20210901135103j:plain

数年先まで考える

究極モデルを目指したので、現場が完成した数年先も考えました。

トビーはカーブで曲げても車両内部には力が掛からない様になっています。
つまり曲がるのは電線部分だけなのです。そうすることで、デリケートな接点部品や電子部品が守られるようにしています。

また、トビーのLEDは、車両単位で簡単に交換できるようにもなっています。つまり数年後、万が一LED不点が起きても、交換ですぐに復旧できるのです。

実はこうした工夫を随所に盛り込んでいます。f:id:toki-openlab:20210903113242j:plain

照明の答えは、照明以外 

あらゆるシチュエーションを想定しながら完成させたトビー。
現時点で私たちの考える究極の間接照明です。正式名称は2009年発売のトキラックスの進化(evolution)版、「トキラックスEVO」と名付けることにしました。

そういえばオフィスに来られた方によく言われるセリフがあります。

「トキさんに来ると、仕事と全然関係ないものが、机にたくさん置いてあって楽しいです」

照明の答えは、照明以外にある。
そう思って、私たちは開発のヒントを探し続けています。f:id:toki-openlab:20210903113303j:plain

 

 

 

f:id:toki-openlab:20210825162017j:plain
トキラックスEVO | トキ・コーポレーション  

新しい光文化の創造 ~フォーカルストーリー~

LEDだからこそできる光とはなにか。世界に一つしかない3度の光、その裏側に迫りました。

ライトアップの常識を変える 

2014年の冬、東京の夜景を見ていて気がつきました。照明器具の光源はLEDにどんどん変わっているはずなのに、ライトアップ自体はそれほど変わっていないことを。

ライトアップは、それ自体が夜間の広告塔になったり、都市の景観を彩る象徴になったりと、多くの人の心を強く動かすもの。

これまでと違う光で、人々の心を動かさせないだろうか?

周りを見渡してもLED器具は、まだまだ既存光源の置き換え用途が多い。LEDだからできる光はなんだろうか?試行錯誤が始まりました。f:id:toki-openlab:20210826091739j:plain

極めて狭い光

「誰もつくったことのない光はなんだろう」
私たちが着目したのは超狭角の光でした。

通常のLED器具は、狭くても8度ほど。それよりずっと狭い3度の光をつくれば、これまで不可能だったライトアップができるはず。

3度の光をつくることを目標に設定。

通常LEDの光の制御にはレンズを用いることが一般的ですが、レンズ制御で3度の光はどうしてもできません。オリジナルで反射板をつくる挑戦がそこから始まりました。f:id:toki-openlab:20210826092427j:plain

試作の山に埋もれる

3度かつ、美しい円形の光の開発は失敗の連続でした。
幅広い視点から仮説をたて、都度反射板を設計。長い筒のような形状、土鍋のような大きな形状、、試作器具の山ばかりができますが、目指している光には程遠い結果。

試作→検証→失敗、試作→検証→失敗、、、のサイクルをまわし続けました。

たどり着いた答えは「反対」。
まず反対方向に光を出し、一度反射板に光を当ててから、跳ね返すというLEDではあまり見られない設計でした。f:id:toki-openlab:20210818115244j:plain

反射板、極

反射板の表面は多面体化。
超狭角だけではなく、同時に光の均質化、輪郭の柔らかさを求めた結果の形状です。LED特有の輪郭の汚い光は反射させず、綺麗なところだけを取り出す。不要な漏れ光を防ぐために、照明では通常使わない望遠鏡の鏡筒に用いる遮光塗料を使用。

そういった数値には表れない部分にも目を配り、「研ぎ澄まされた狭く美しい光」を実現しました。f:id:toki-openlab:20210824144920j:plain

照らしたいものだけを照らす

ついに完成した超狭角のスポットライト。
フォーカルスポットライトと名付けました。

「フォーカル=焦点の」

まさに、人々の関心の焦点だけを照らす光。
照明の世界では、周囲の環境に最適な光を、欲しい場所だけに当てる「適光適所」という考え方があります。

遠くから照らしたいところだけを綺麗に照らすフォーカルスポットライトは、新たな適光適所を実現することができました。これまでと違うアプローチで、人の心を動かすライトアップの実現。f:id:toki-openlab:20210824145738j:plain

もっと自由に

3度の美しい光。

その光をライトアップだけではなく、ダクトレール対応のスポットライトに転用することで、もっと自由に使えるようになりました。3度の特長を活かした「その展示品だけを際立てる」という用途への拡張。

他にどこにもないスペシャルな光が、照らされるものの魅力を更に引き上げます。f:id:toki-openlab:20210826092450j:plain

 


 

 

f:id:toki-openlab:20210818161129j:plain
フォーカルスポットライト | トキ・コーポレーション

f:id:toki-openlab:20210818161217j:plain
ダクトレールフォーカルスポット | トキ・コーポレーション

 

 

 

総合カタログ2021発刊しました!

TOKISTAR LIGHTING CATALOG 2021

f:id:toki-openlab:20210106174358j:plain

総合カタログ2021
A4判 200ページ
TOKISTAR製品をこの1冊で網羅
発売予定を含む最新の製品情報掲載
 
 

2021年のトキスター総合カタログが完成しました。

機能照明(ミニマルポイントライティング)シリーズにはダクトレール仕様のスポットライトをはじめとする新製品が加わり、さらにラインアップが充実。
また、トキラックスEVOやクロマスタもそれぞれバリエーションを拡張し、より一層用途に合わせた器具を選べるようになりました。

新製品紹介

ここでカタログ初登場の新製品を紹介いたします。

表紙でもご紹介しているトキラックスEVOシリーズより、2500K〜4000Kの間で自在に調光調色可能な「トキラックスEVO KT

20210209111614

トキラックスEVO KT


同じくトキラックスEVOシリーズから、ウォールウォッシャーに特化した「トキラックスEVO WG」

f:id:toki-openlab:20210114120324j:plain

トキラックスEVO WG

 

RGBW光源を搭載。フルアドレス制御で多彩な演出ができる「クロマスタ ウォッシュ

f:id:toki-openlab:20210114131053j:plain

クロマスタ ウォッシュ

 

使わないときはフラットに。すっきりおさまる読書灯「マイクロリーディングライト ピタット

f:id:toki-openlab:20210114131056j:plain

マイクロリーディングライト ピタット

 

個別調光可能なダクトレール仕様の超狭角スポットライト「ダクトレールフォーカルスポット

f:id:toki-openlab:20210114131047j:plain

ダクトレールフォーカルスポット

 

3°狭角配光とコンパクトさはそのままに、ダクトレール仕様で使い勝手がUPした「ダクトレールフォーカルミニ

f:id:toki-openlab:20210114131050j:plain

ダクトレールフォーカルミニ

 

従来品レールスポットライトを「マイクロトラックライト」と改称してリニューアル。高演色タイプや灯体色の追加など、仕様選択の幅が広がり、オプション群も充実しました。

f:id:toki-openlab:20210114131100j:plain

マイクロトラックライト

 

 

ウェブでもご覧になれます

データ版は下記サイト内で公開中です。

www.toki.co.jp


「閲覧する」でデジタルカタログの閲覧、「ダウンロード」でPDFデータとしてダウンロードできる他、カタログ請求も上記リンク先より行えます。


最新の総合カタログ、ぜひともご活用ください。