OPEN LAB.

私たちトキ・コーポレーションの日々の取り組みをもっと皆様にご覧いただくための活動 それがOPEN LAB.(オープンラボ)です。

バイオメタルのご紹介

f:id:toki-openlab:20190611132108g:plain

今回は趣向を変え、上で羽ばたいている蝶に関するお話し。
これは「バイオメタル」と呼ばれる駆動装置で動かしています。

バイオメタルって?

弊社には照明を扱うトキスターのほかに、もうひとつ「バイオメタル」の開発を手がける部門があります。

バイオメタルというのは、電流を流すと筋肉のように動く、細い繊維状のアクチュエータ(駆動装置)のことで「生物のような柔らかで静かな動きをする金属製のアクチュエータ」という意味で、バイオメタル(BioMetal)という名前がつけられました。

f:id:toki-openlab:20190529173601j:plain

バイオメタル動作見本装置。細い糸状に見える部分がバイオメタル。

 

通常バイオメタルは柔らかくしなやかですが、電流を流すとピアノ線のように強靱になり、強い力で収縮します。電流を止めると再び柔らかく元の長さに戻り、繰り返し何度でも動かすことができる…というものなのです。

f:id:toki-openlab:20190612165625g:plain
f:id:toki-openlab:20190530114932p:plain

 

ライティングフェアで展示

3月に行われたライティングフェアで、バイオメタル関連製品をいくつか展示しました。トキスターの照明を見に来場された多くの方に「あれは何?」と興味をもってたくさん声をかけていただきました。あらためて展示品の一部をご紹介しておきます。

f:id:toki-openlab:20190530133013j:plain

パピヨン(BioMetal)とマイクロスポットライト(TOKISTAR)

f:id:toki-openlab:20190530133025j:plain

パピヨンを使ったインテリア照明

上の写真は蝶の部分が「パピヨン」と名付けられたバイオメタル製品で、冒頭で羽ばたいていたのも同シリーズのものです。
この「パピヨン」は音や振動に反応して羽ばたくロボットで、羽根と胴をバイオメタルで動かしています。モーターをいっさい使っていないため、静かでまるで本物のようになめらかな動きが表現可能です。

f:id:toki-openlab:20190530134720j:plain

クリスタルエレベーター

透明な筒形状のクリスタルエレベーターは、光がゆったりと動くきらびやかなインテリア。発光するクリスタルをバイオメタルで上下運動させています。

 

f:id:toki-openlab:20190530141023j:plain

フラワーランタン

参考出展として出された「フラワーランタン」は、赤い部分がバイオメタルにより、ゆったりとそれぞれにランダムな動きをするのが印象的な行灯照明です。

 

様々な場所で活躍中

これらバイオメタルで作り出される製品の動きは、独特の雰囲気を持ち、いつまででも眺めていられるようなものばかりです。小型で軽量なことから医療分野や玩具などで採用実績があるほか、特性を活かして幅広いシチュエーションでお使いいただいています。

 

 作品にバイオメタルをアクチュエータとしてご採用nakayasu.com

 

▼ウィンドウディスプレイの一部としてパピヨンをご採用
SHISEIDO THE STORE
SHISEIDO WINDOW GALLERY<花>の章 2019
※展示期間 : 2019年3月21日-4月16日

バイオメタルの動き ご覧になれます

ご紹介してきた製品の動く姿は、下の動画で確認できます。また弊社の平和島オフィス受付スペースには、パピヨンやフラワーランタンなどが常設展示されいます。ご来社の際はぜひ実物ご覧になってみてくださいね。

 

f:id:toki-openlab:20190606152800j:plain

平和島オフィス エントランスに展示中です。

※文中でご紹介した製品は2019年現在、未発売のものや参考出品として作られたものも含まれております。製品について詳しくはバイオメタルWebサイトをご参照ください。

地図でみる施工現場一覧【銀座編】

施工現場、まとめてみました。

 

f:id:toki-openlab:20190530152536j:plain

ここにもあそこにもトキの製品が…

私たちの製品は、おかげさまで日本全国はもちろん世界中の様々なところでご使用いただいています。そうした物件は公式サイト内「施工事例」ページで、写真とともにご覧いただけるようになっています。
ただ、まだまだご紹介できていないところもたくさん。そこで、ご案内できる範囲で地図にマッピングしてまとめてみることにしました。今回取り上げる地区・銀座では、あちこちでTOKISTARの光を見かける事ができ、私たちにとってもショールームのような場所となっています。

 

f:id:toki-openlab:20190530152544j:plain

百貨店の屋上庭園は夜景観察にもぴったり

地図を作るにあたって、実際に銀座を歩いてみました。デパートやブランドショップの路面店が建ち並ぶこのエリア。百貨店の屋上庭園をはじめ、ルーフトップバーなど、ビルの上で開放的な雰囲気を楽しみながら飲食できる場所もたくさんあるし、日が暮れると夜景がとってもきれい。上まで行くと思っていたより喧噪も聞こえず静かで、銀座の街をゆったりとした気持ちで堪能できます。

今回は約50の施工事例

こうして出来たのが、下にあるマップです。もちろんここでご紹介している案件は、全体の中のほんの一部。これからもアップデートを重ね、充実した情報を皆さまにお届けできればと思っています。

地図はスマートフォンなどでもご覧になれますので、近くをお通りになった際にでも、ぜひご覧になってみてくださいね! 

▶地図の見方

  • 地図の上「銀座エリア 施工現場一覧」と書いてある文字の左横にあるアイコンをクリックすると、施設名一覧が出てきます。名称クリックでそこで使われている主な製品や、場所の詳細等が確認できるものもあります。
  • 地図上の青いTアイコンクリックでも施設名の確認が可能です。
  • 弊社サイト上で施工事例として掲載しているものには、リンク先URLを貼ってありますので、併せてより詳細な情報を確認することも可能です。

※情報は2019年5月のもので、最新の設置状況は各施設により異なる場合があります。
※お使いのパソコンや携帯機種、ブラウザ環境などによってはうまく表示されない場合があります。
※GoogleMap上に表示される写真はGoogleユーザー投稿写真となります。

オープンラボサイトをリニューアルしました!

トキコーポレーションからの情報発信コンテンツ、
「OPENLAB」をリニューアルしました。

皆さまに、よりわかりやすくお伝えできるようデザインを一新しています。

オープンラボ公開開始の際に掲げた想い、

”私たちは「夢、ただいま実験中」をモットーに掲げ、 おかげさまで30余年にわたりモノづくりを続けてくることが出来ました。でも、もっとたくさんの夢を描き、その夢の実現に少しでも近づくことを目指しています。そして、その夢を皆さまと共有したいと願っています。"


この想いは変わりません。

これからも、よりトキコーポレーションを知ってもらえる、
皆さまと想いを共にしやすくなるコンテンツを発信できればと考えております。

引き続きよろしくお願いいたします。

ライティング・フェア2019レポート

長年出展しているライティングフェアは、毎回趣向を凝らし、力を入れている弊社の一大イベントのひとつです。今年も例年に負けず、力を注いで取り組みました。
今回は、特にこだわったポイントを紐解きながら、2019年のブースを振り返りました。

 

スタイリッシュなショップを目指した、こだわりの空間づくり

スタイリッシュな意匠が特徴であるミニマルポイントライティング(機能照明)シリーズが主役ということで、このシリーズの世界観を表現すべく、みなさまに“おしゃれ” “スタイリッシュ”と思っていただける空間にしたい!!という強い気持ちから企画を進めました。

空間テーマを、仮想店舗「the TOKISTAR SHOP」と設定し、ショップの雰囲気をデザインや造作でいかに表現するかという部分に特にこだわりました。

 

意識したのは、清潔感のある洗練された店舗 

まず、正面には百貨店の化粧品店を連想させるようなパネル台を設けてアイキャッチ効果を狙い、

f:id:toki-openlab:20190520174832j:plain

製品を手に取り確認できるパネル台


センター部分では、ブティックのディスプレイのような象徴的なオブジェを設けてショップの雰囲気を作っていきました。

f:id:toki-openlab:20190520175452j:plain

ブース中央には象徴的なオブジェ

 そして、空間全体には余計な装飾は行わず白色で統一させ、スタイリッシュなイメージを作り込みました。無駄な色や装飾がない方がミニマルシリーズの器具の小ささや光の効果が際立つと考えたからです。

 

f:id:toki-openlab:20190520174400j:plain

洗練されたショップを目指したブース

とは言え、真っ白に統一するのは正直最後まで悩みました。
他にもたくさんブースがある中で、インパクトに欠けて印象が薄くなってしまうのではないかという不安があったからです。
途中、ブルーやグレーといった差し色を所々空間に入れる案も考えましたが、シンプルな意匠に徹した製品のように、ここは潔く白だけでいこうと覚悟を決めました。
結果、不安は杞憂に終わり、逆に落ち着いた心地よい雰囲気が生まれ、他社ブースとの差別化になったと感じました。

 

ショップの雰囲気を高める細部へのこだわり 


こだわりはこれだけではありません。器具が照らす照射物やショップロゴも今回のためだけにオリジナルで製作しました。

f:id:toki-openlab:20190520175750j:plain

オリジナルのショップロゴ

 オリジナルの照射物は、照明器具の主役を奪わないようシンプルで癖のないデザインとし、ショップらしく見えるよう8種類用意して各所に配置しました。

f:id:toki-openlab:20190520180054j:plain

照射物として用意したオリジナルボトル

オリジナルのショップロゴは、ブースに印字するだけでなく照射物や配布物にも印字し、空間全体に統一感が出るよう気を配りながらショップのイメージを高めていきました。

おわりに 

会期中はたくさんの方に訪れていただき、私たちのこだわりが伝わったのか「繊細でおしゃれ」「今回も凝っていますね」といった、たくさんの有り難いご評価をいただくことができました。
肝心の製品についても、器具の大きさや機能に共感いただく声を多くいただき、広く認知していただく機会となりました。

今回の経験を次の原動力とし、さらに喜んでいただける製品や展示をお届けできるよう、日々精進して参ります。

 

↓他にも当日のブースの様子を公開しております。是非ご覧ください。

www.toki.co.jp